Please follow me!Instagram

フォローする

ブルックリンスタイルの男前インテリアを自分で作ってみる

アメリカの雑居ビルのロフトに住んでみたい!と初めて思ったのは映画「フラッシュダンス」だったり「クイックシルバー」だったり(古っ!)
おすまいのマニア化は中学生の時からだったなんて自分でも驚きです^^;
映画の内容は全く憶えていないけれど、鉄骨むき出し&ボロいレンガでできた雑なインテリアや、大きな窓から入ってくる日差しなんてところに目が行ってたのだからちょっと変わってる少年でしたね。

QCKSLVR-CTIT-CT2596

オジサンになった今、男前インテリアとしても人気なのがこの「ブルックリンスタイル」。住宅全部ってわけにはいかないけれど、ご主人の書斎に提案すると喜ばれたりします。ちょっと暗めのクロスにアクセントウォールとして一面だけ古レンガ調のタイルや粗い木目の板貼りを施して、雑な作りの照明器具を設置しただけで結構サマになります。

っということで自分で作ってみました(謎)

詳細はまた今度!

コメントの入力は終了しました。